誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

最近見かけない車のアレコレまとめ【装備・機構など】

メカニズム

最近見かけない車のアレコレまとめ【装備・機構など】
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

★最近見かけない車のアレコレ5

リトラクタブルヘッド

最近見かけなくなった車リトラのヘッド

出典 http://livedoor.blogimg.jp

スポーツカーの象徴みたいなのがリトラクタブルヘッド。
国産車としては2002年に販売停止したRX-7を最後になくなりました。
重量が重くなる、ヘッド点灯時に空気抵抗が増える、故障するリスクが増えるなどで作らなくなりました。
今では、リトラクタブルの車を作ろうにもお役人さんがうるさいんだとか。
いつかは復活して欲しいですよね。

★最近見かけない車のアレコレ6

TEMS(テムズ)

最近見かけない車のあったTEMS

出典 http://www.lotas-takeuchi.com

TEMSというのは、トヨタの呼称でサスペンションのショックアブソーバをスイッチで調整する機構。
サスペンションを柔らかくしたり固くしたりできました。
ハイテク装置で、トヨタのいわゆる大衆車にも採用されていたのですが、90年代半ば辺り?から見かけなくなりました。
今はランクルや高級車にAVSと呼ばれる装置が付いています。

★最近見かけない車のアレコレ7

4WS

最近見かけなくなった車の機構4WS

出典 http://www.honda.co.jp

4WSは後輪もタイヤの角度が変わり、ハンドリングがよくなる機構。
4WSの車...確かホンダのプレリュードだったと思うのですが、はじめはスゴイと評判になりました。
かれこれバブルの頃です。
以後、日産とかだとハイキャスと呼ばれ、ドリフト族には要らねーと言わんばかりにキャンセルにされた不運の機構です。
バックで車庫入れするのに苦労するなどで、これもいつの間にか見かけなくなった機構です。
今では一部の高級車に搭載されているみたいです。

★最近見かけない車のアレコレ(番外編)

デコンプ機構

デコンプ機構は、過去の遺物過ぎる遺物です。
昭和のバスやトラックといったディーゼルエンジンの車にありました。
ディーゼルエンジンは、圧縮した空気が熱を持ち、そこに軽油を噴射して爆発させるエンジン。
ガソリンエンジンは、ガソリンが混ざった空気をスパークプラグで点火させて爆発させるエンジン。
ガソリンエンジンは、スパークプラグの電源を断てばエンジンが停止します。
一方のディーゼルエンジンは、燃料がある限りずっとエンジンが回る仕組みなので、空気を圧縮させないように空気を逃すのです。
その装置がデコンプ機構です。
今のディーゼルエンジンは、(イグニッションスイッチを切ることで)燃料ポンプの作動を停止することでエンジンを停止させています。
これを知っている方は、50代以上の方だと思います。


上に、動画をアップいたしましたが、1分50秒くらいで運転手さんがレバーを引っ張っています。
これがデコンプ機構です。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
12
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ