憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

三菱GTOは恐怖のスペックを持ち合わせた鬼車

昔のクルマ

三菱GTOは恐怖のスペックを持ち合わせた鬼車
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

★驚異のスペック三菱GTO

鬼のようなスペックを持った車

高スペック三菱GTO

出典 http://23eni.biz

バブル時代の1990年に発売された三菱GTOは、三菱の技術のてんこ盛りのような車でした。

この当時の車は、スポーツカー全盛で、トヨタのスープラ、日産スカイライン、ホンダNSX、マツダRX7などなど、各メーカが独自のスポーツカーをこの世に出していました。

そんな中に登場した三菱GTOは、今までの日本車にはないようなデザインで世間をあっと言わせた車です。
いかにもスポーツカーらしいデザインで、ホンダNSXよりも安価な車で人気でした。

三菱GTOのデザインもさることながら、そのスペックも驚異のスペックを誇っていました。

V63.0リッターのツインターボを搭載。
3リッターのツインターボの車は、当時の国産車ではほとんどないのではないでしょうか?
破格のエンジンです。

排気力:2972cc
最大出力:280ps
最大トルク:42.5kg・m
というスペック。

当時の馬力の自主規制280馬力は、他の車種にもありましたが、トルクがハンパないです。

日産R32型スカイラインGTRの最大トルクが、35.0kg・mですので、三菱GTOがスーパートルクな車であるかが分かります。


そして、1993年のフルモデルチェンジ(エンジン自体大きな変更はないため、ビッグマイナーチェンジとも)の際に、国産車初の6速ミッションを搭載。
しかも信頼のブランド、ドイツのゲトラグ製のミッションです。

三菱GTOは驚異のスペックを持った鬼のような車です。

★三菱GTOの弱点

あまりにもてんこ盛りゆえの弊害

高スペック三菱GTOのリアビュー

出典 http://naosun.air-nifty.com

三菱GTOは、華やかなスペックの他にも、4WD採用と何でもありの車でした。

でもそのてんこ盛りが走りに影響を与えることとなります。

V63リッターのIC付ターボ、4WDを採用したため、車両重量が1.7トンという破格の重量となってしまいました。
また、元々FF仕様の車であった(横置きエンジン)ため、重量バランスもよくない車でもありました。

結果として、直線番長みたいな車に仕上がり、ハンドリングやブレーキングの面で、他のスポーツカーに劣っていました。

当方、三菱の車は重量が重いイメージがあるのですが、GTOはその象徴のような車です。
重い重量を、どでかいエンジンでフォローしようとするアメ車的な考えがあったのかもしれませんね。

GTOは、軽量化や4ポッドキャリパーのブレーキを採用したりとよりスポーティーな車に仕上げてきたのですが、2001年に販売を終了することになります。


GTOの中古車の相場は、60万円~100万円くらいでしょうか。
高出力スポーツカにしては、お手頃といったところでしょう。(維持費はそれなりにしますが)

最近は、スポーツカーらしい車を見かけることは少なくなりましたが、あの華やかなバブル時代のスポーツカーを代表する車です。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法