5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

トルクコンバータって何?仕組みは?ATFの交換とともに解説

メカニズム

トルクコンバータって何?仕組みは?ATFの交換とともに解説
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

★トルクコンバータの仕組み

原理は簡単

最近は耳にしないのですが、よくトルコン付きのクルマと言ってた時期がありました。
中古車のプライスボードに"トルコン"と記載してありましたが...

トルコンとは、トルクコンバータの略のことです。
ATの車はトルクコンバータ付きです。
でもCVTもトルクコンバータを採用しています。

それでは、トルクコンバータは何でしょうか?
トルクコンバータの仕組みってどんな風なのでしょうか?

実はトルクコンバータの原理は、カンタンなのです。
これから説明します。


まず、トルクコンバータは何のためにあるかというと、エンジンの回転力を変速機に繋ぐためです。

トルクコンバーターの原理は、よく扇風機に例えられます。
2個の扇風機をお互いに向け合わせ、一方の扇風機をスイッチオン、もう一つをスイッチオフにすると、スイッチオフの扇風機が回るというものです。

トルクコンバータの原理

出典 http://www.carlifesupport.net


イラストがあると、よく理解できるかと思います。
トルクコンバータの原理は簡単です。

続いてトルクコンバータのカットモデルと構造は下の通りです。

トルクコンバータカットモデル

出典 http://info.pref.fukui.jp

トルクコンバータの構造

出典 http://shop.irsural.ru


実際の車に載せられるトルクコンバータは、もうちょっと工夫がなされてはいます。
そのため、複雑ではありますが、扇風機の例を思い出せば、トルクコンバータの動きは分かるかと思います。

★ATFとは

AT専用のオイル

前述の扇風機は空気の流れにより、スイッチオフの扇風機が回るのですが、実際のトルクコンバータはATFと呼ばれるオイルによって充填されています。
空気の流れではなく、液体(オイル)の流れでによって回しているのです。

ところで、ATFというオイルはどんなオイルでしょうか?

ATFというオイルは、赤っぽく着色されたオイルで、通常のエンジンオイルとは違います。

ATというのは、細かい話は省きますが、
・トルクコンバータ
・プラネタリギア
・油圧制御
から成り立っており、トルクコンバータは構造が簡単ではあるものの、他のところは非常に複雑かつデリケートです。

ですので、ATの信頼性や効率性のために専用のオイルを使っている訳です。

★ATFの交換

交換しない方がいい場合も


ATFは、エンジンオイルのような何千キロ交換というように交換を必要とするものではありません。
エンジンオイルは、エンジンが常時爆発している環境下に晒されているため、劣化が早いのです。

一応ATFは、10万キロ交換しましょうということみたいですが、実際はどうなのでしょう?

結論から言うと、ATFは交換しない方が無難でしょう。
理由はATが壊れるリスクがあるからです。

ATは、非常に精密で、ちょっとした埃やゴミでATが壊れてしまうのです。

そして、ATのギアとATFの相性の問題があります。
ATのギア部分とATFは、何万キロも一緒でなじみがいいのです。
それが馴染みのない新しいATFにしてしまうと、機械の調子が悪くなるのです。
科学的根拠が乏しいのですが。。。

という訳で、どうしてもATFを交換するのであれば、専門のディーラーへ持ち込んだ方がいいでしょう。
その車専用のATFに換えるのがいいでしょう。
そして、ミッションの壊れるリスクを聞いた上でATF交換した方がいいでしょう。

また、ATF交換した方がいいですよと勧めたら、そこで交換してはいけません。

普通に車を整備する人であれば、ATF交換というのはリスクがあると考えています。
リスクを負ってまで、ATFの交換をしたいと思わないからです。

ATFは交換は慎重にです。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法