旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

懐かしの車マーチ スーパーターボに乗ってみたかった...

昔のクルマ

懐かしの車マーチ スーパーターボに乗ってみたかった...
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

★懐かしの車スーパーターボのマーチ

スーチャーとターボのコラボエンジン♪

日産のマーチって今となってはコストカット&エコカーの代表車みたいな車ですね。

でもバブル時代に発売されたマーチは、
今ではエコとは随分コンセプトの違うエンジンを載せてました。

その名も「マーチ・スーパーターボ」
マーチのスーパーターボ...
日産の意気込みが伝わり、
印象に残る懐かしい車ですね。

マーチスーパーターボに搭載されたエンジンの型式は、
MA09ERTと呼ばれるエンジン。

このエンジンは、
スーパーチャージャーとタービンと2つの過給機を搭載した驚きのエンジンです。
現在の自動車の2つの過給機と言えば、
ツインターボが主流なのではないでしょうか。
スーパーチャージャーとターボのコラボエンジン
ってとってもワイルドなクルマですね。


マーチスーパーターボが発売されたのが1989年のこと。

この当時の日産は野心的なクルマをこの世に出してきました。

例えば、
レトロカーと呼ばれたPAOやフィガロ、
丸みを帯びた個性的なデザイン車NXクーペ、
それにR32型のGTRが発売されたのもこの時期。

どれも懐かしくも印象に残るクルマばかりです。

マーチスーパーターボもそんなバブルの勢いそのままに発売されたようなクルマでした。

★スーパーターボの特色

スーパーターボの原理・構造

スーパーチャージャーとターボ(タービン)は同じ過給機。
ところがその原理も構造も違います。

スーパーチャージャーはエンジンの回転力をそのまま活かします。
エンジンが回る力でコンプレッサーを作動させて、
圧縮空気をエンジンに送り込むという原理
車のエアコンと同じ原理です。

一方のターボはエンジンの排気ガスを活かします。
排気ガスでタービンを回して、
空気を強制的にエンジンに送り込むという原理です。


当時のターボはドッカンターボと揶揄されていました。
アクセルを踏み込んでからのターボの効きが遅かったのです。

恐らくですが、
排気ガスのエネルギー(排気ガスの量)がタービンを回すまでエンジンを回し続けないと、
タービンが回ってくれないからだと思います。

そのターボの欠点をスーパーチャージャーが補うために、
スーパーターボが誕生したのだと思います。

エンジンの回転力を活かしたスーパーチャージャーは、
比較的エンジンの低回転から効きます。
ターボが効くまでに、
スーパーチャージャーで加速していこうというのがスーパーターボです。


マーチスーパーターボは1リッターも満たない排気量というコンパクトカー。
それでも最大出力110ps、最大トルク13.3kgmというスペック。
小さいながらもパワフルなクルマでした。

スーパーチャージャーの原理

出典 http://4-mini.net

スーパーチャージャーの原理。
左下にあるのがスーパーチャージャーのコンプレッサー。
エンジンの回転でコンプレッサーが作動。
空気を圧縮しエンジンに送ります。

ターボの仕組み

出典 http://www.hks-power.co.jp

こちらはターボの原理。
排気ガスを利用してタービンを回転。
空気を強制的にエンジン内に送ります。

★スーパーターボのマーチの末路

僅か3年で消えた幻の車

そのマーチスーパーターボですが、
1992年に新型マーチの登場とともに生産停止となってしまいました。
マーチスーパーターボは僅か発売3年で日産のラインアップから消えることになります。

マーチスーパーターボはエンジンはパワフルであっても、
それに見合ったブレーキやサスペンションといったシャーシではありませんでした。

しかも重ステ(パワーステアリング非搭載)です。
今でこそ軽トラでもパワステ装着車なのですが、
当時はパワステなしの車はちょくちょく売っていたのです。
ちなみにホンダの初代NSXも発売当初はパワステがありませんでした。

またスーパーチャージャーとタービンによってエンジンが重くなってしまい、
前後の重量バランスもよくありませんでした。

結果としていわゆる直線番長みたいな車に仕上がります。
直線はまだしもコーナーリングやブレーキングはビミョーなクルマだったのです。

とは言え、今のコストを削って削って世に出した現行マーチを見ると、
あの頃の車はよかったなぁとつい懐かしんでしまいます。

日産のCMで矢沢永吉さんが
「ヤッちゃえ日産」
と言いますが、
当時の日産の方がよほど"ヤッちゃえ"でしたね。

当時の私は免許がなくいずれはと思った頃にあえなく生産停止。。。

あれから30年近く経ちましたが、
今でも時折乗ってみたいと思う車の一つです。

マーチスーパーターボが新車情報に出てたんですね。
貴重な映像です。
自動車評論家三本和彦さんが鋭く突っ込みしています。
いつもの三本節ですが

「1300ターボを狙い撃つ」ってシャレード...じゃなかったトヨタスターレットをロックオンしていますね。映像の作りもバブリーで、映画トップガンのテーマソング、デンジャーゾーンをBGMにしているあたりが80年代の香りプンプンです。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ